2012年10月22日

これから

コーヒーカップオーケストラ「吉岡再生」の稽古です!

アップしてる役者達。

image-20121022180529.png
posted by しーおー at 18:06| Comment(0) | 吉岡再生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

客演情報からの雑記

今日はやたら寒いですね。こんにちは塩原です。

さて今日はこれからアガリスク#17「ナイゲン」の顔合わせなんです。
が、その事はまぁ次回以降に書くとして、新しいお知らせです。

ツイッターの方で先出ししちゃったんですが、新宿コントレックスによく出場して頂いている劇団コーヒーカップオーケストラさんの次回公演に客演する事が決まりました。


以下公演詳細です。
----------------------------
劇団コーヒーカップオーケストラお歳暮公演
「吉岡再生」@下北沢シアター711
2012/11/28(水) 〜 2012/12/03(月)

作・演出
宮本初

出演
宮本初、前田昂一、後藤慧
(以上、劇団コーヒーカップオーケストラ)
斉藤コータ(コメディユニット磯川家)
塩原俊之(Aga-risk Entertainment)
田中慎一郎
鳥島明(はえぎわ)
中尾ちひろ(温泉きのこ)
ヨウラマキ(KAKUTA)
etc...
------------------------------
公演の詳細は劇団HP演劇サイトこりっちの方に随時アップされていくと思うので、是非チェックよろしくお願いします!



劇団コーヒーカップオーケストラさんは初めて本公演を観たのが参宮橋トランスミッションでやってた「久保らの歩く道」という公演でして、これがもうめちゃ面白くて、演劇でこんなに笑ったのってなかなかないなーと思ったし、劇団員だけで(ゲストなども出てはいましたが)キュッと締まったいい形の公演だなとも思い、近い関係ながらもファンの一人として接しておりました。

固定のメンバーで純正チームで戦うのが一番だし、目線としてその劇団を追い易いと思ってる自分としてはなかなか複雑な思いもあります。ファンとしての目線であれば、劇団員だけの公演が観たいってのが正直なところ。JUDYandMARYに突然Voとして川本真琴が加入と言われても両方好きですが複雑な気分なのです(迷宮入り)
けれど演劇公演はバンドのライブじゃないし、客演を迎え入れての公演がよりいい物になる事だって多々あります。実際アガリスクは劇団員の足りない所を客演さん達に埋めに埋めまくって頂いてます特に演技面(オイ確かに足りないわ)あと先日観た範宙遊泳「東京アメリカ」なんかは劇団員+よく絡む固定のメンバーって感じの編成で、めちゃめちゃいいグルーヴ出しまくってたのでああいう形も好きです。ただ闇雲に新しい人をたくさん呼んでも仕方ないし、知らない人達ともの作りする大変さがあるから、それを乗り越えてさらにそれ以上のリターンがあって作品がイイ物にならなければ両者にとって幸せじゃないと思うのです。

でもまぁ何だかんだ言っても、何より好きな劇団に出れるというのは役者をやっててこれほどうれしい事はないんですが。「あ、やっぱりあそこは劇団員だけでやってた方がいいな」と言われるのは死ぬ程悔しいので、そんな俺みたいな事言う奴に「ほれ見たことか」と言ってやれるようにしたいですします。ってか物理的に抹殺します。
とまぁ並々ならぬ色々な思いがあるのですが、そんな熱を持ってても自分とこの本公演があるのでそれが終わった瞬間クールダウンなんて事がありそうなので先にブログに記しておきます。これはもはや雑記です。ここまで読んだ方、残念。

あ、そうそう。上の方に書いた演劇でこんなに笑ったのって話ですが、過去に劇場で爆笑した作品といえばヨーロッパ企画さんの「冬のユリゲラー」だったり、劇団THE☆メンチカツ成さんの「狂騒極」だったり、コメディユニット磯川家さんの「ティーチャー!!!」だったりなんですが、今回その磯川家の斉藤コータともまたしても共演するんですよね。
で、この斉藤コータとコーヒーカップの宮本君、後藤君は実は自分と同い年でありまして。1984年生まれの役者さんがこうも集まると何だか大変な匂いしかしないわけですよ(性的な意味で)
そこら辺もうまく刺激し合えたらなと思っていますが(性的な意味で)

とまぁ長々と書いてしまいましたが、こっから約2ヶ月程は「ナイゲン」の記事ばかりになると思うのでたまには文章主体のブログ書いてみました。

おし!顔合わせ行ってくる!
posted by しーおー at 17:48| Comment(0) | 吉岡再生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このブログの記事は塩原個人が書いております。 掲載された記事に何か問題がありましたら、お手数ですがt_shiobara(あっと)agarisk.comまでご連絡ください。